上海桑拿招聘

彼女が反応しなかったのを見て、数歩戻った後、彼女は振り返り、断固として逃げました。
彼は心の中で誓います:もしあなたが本当にこの時間を生き残りたいのなら、真夜中に泣くことについて話さないでください、そして彼はナンセンスを聞いても走り回ることはありません!
多分それは私の神経に何か問題があるのか??もしれません、多分何かが本当に起こったのかもしれません。彼はどれくらい走ったかわからなかったが、彼の前後に突然奇妙な影が現れなかった。
捨てた?!
彼はあえぎ、路地に沿って歩き回り、頭のないハエのようにこの奇妙な街をさまよった。
最後に、角を曲がった後、彼の目は明るくなりました。
彼はついに迷子から解放され、おなじみのストリート、プリンセスストリートを見つけました。アングロロイヤルファミリーの2番目のプリンセスにちなんで名付けられたこのストリートは、Xiachengの主要道路の1つです。
ここで見つけたということは、彼がXiacheng地区を離れようとしていて、Midtown地区の大学からそう遠くないことを意味します。警察署の監視所はそれほど遠くないところにあり、遠くには騎乗した警察が馬のフーブをパトロールしているという漠然とした音が聞こえます。
いつものように、濃い霧がこの街の夜を包みました。
夜になると、潮風とともに大量の水蒸気が入り込み、気温が下がると濃い霧が発生します。濃い霧は白いカーテンのようで、王の首都全体を層ごとに覆っています。
それは死んだ男の顔の白い布のようなものです。
夜遅く、通りの両側の明かりを除けば、時折馬車が通り過ぎる音と遠くの海の潮の音しかありませんでした。
11時のアラームの音とともに、店内のライトは徐々に消えていきました。街全体が徐々に眠りに落ちました。
「ついに終わりました。」
イェ?チンスアンは壁にもたれかかって、しびれた顔をこすり、悲鳴を上げて逃げたくなりました。
-何があっても、ようやく悪い日が終わりに近づいています。
残念ながら、彼は1つのポイントを見落としていました
。その日は12時前に終わっていません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です