去南京玩住哪里比较方便

責任を負っていました。「まあ、私の小説はアニメ化されようとしています。言うまでもなく、大ヒットです!センセーション!Twitterでのホット検索!さあ、乾杯。」言葉はそうだった。

簡潔で理解できない。

しかし、誰がこれを気にしますか?通常、言葉や言葉を噛むのは非常に難しいので、飲むときは言葉や文章を考えさせないでください。

「乾杯!」と言って食べ始めました。

村上悠の南京楼凤论坛右側に座っているのは、顔が丸く、前髪がまばらで、抜け毛と間違われる男性です。

彼は顔が小さく見える丸い眼鏡をかけています。

「うん?、この枝豆はとても新鮮なので、ぜひお試しください。」

村上優は、お互いを知らないのに挨拶した。

村上さんが手に取って味わいました。

「まあ、悪くないですよ。スーパーの箱入り枝豆よりずっと美味しいです。」

「兄、はい、よくバーを飲みに来てください。」

彼はグラスを伸ばし、二人はそれに触れた。

「私の名前は伏見、東張は千葉県出身です。」

「村上春樹、新人作家」

「知ってるよ」伏見は柔らかい牛肉を一枚取って噛んだ。「ドゥ?ハンがあなたのことを話してくれた。 、あなたと彼はライトノベル業界を担当する南京桑拿网顔値であることを言って。私はそれを信じていなかったが、今日、私はそれの半分であると信じています。」

『おい!伏見!何それは半分を信じることを意味する南京夜生活spa论坛のか?』

はありませんオフィスのドゥハンはとても不満です。誰もが小説を書いています。ワードゲームで誰をいじめたいですか?

「文字通り。」伏見と東ハングは古くからの友人ですが、彼には礼儀正しくありません。

「村上、何か教えて」デュ?ハンはショーを見ていた村上優に話題を投げかけた。

村上は新鮮な鶏レバーを味わい、口は「ライトノベルの世界では初登場、大教師」

「はははは」というレバーの独特の味わいでいっぱいだった。いい人たちが先生をとても喜ばせてくれました。「メロンが曲がっていてデートが分かれていて、特に伏見さん、ハンサムですね。こんなこと南京桑拿按摩も話せますか?村上?、ちょっと待ってます。サインしてください。第13巻!」

「忘れて、新品を買ったばかり」

「これはどういう意南京夜网论坛味?」

「他にどういう意味?」伏見は笑顔で「サイン嫌い?」

「やあ!」

みんな笑うと、ワインテーブルの雰囲気が強くなり、みんなが先生をからかうのが好きだったようです。

フェリーも気にしません。

傲慢かもしれません。

自己精神的な勝利の方法